「あれっ?」を食生活で改善できる?!

赤ちゃんの脳の成長に欠かすことができないアラキドン酸

アラキドン酸は赤ちゃんの脳の成長に欠かすことができない大切な成分でもあります。実はこのアラキドン酸は、母乳にたくさん含まれている成分でもあるのです。母乳をしっかり与えることによって、発達に必要なドコサヘキサエン酸やアラキドン酸を赤ちゃんに分け与えることができるのです。

ドコサヘキサエン酸やアラキドン酸を赤ちゃんに分け与えてあげるためには、母乳の質を向上させてあげる必要があります。母親の毎日の食事次第で、母乳の質にも大きな影響が出てきます。

そこで、鮪や鮭などの魚類http://www.ieconline.net/fish.htmlや肉や卵類をしっかり取ることが大切です。日本人女性の母乳の成分は、世界的にも質の高いものであることが判っています。その理由は、普段の食事の中で魚を食べる習慣があるからです。アラキドン酸の含有量はもちろんのこと、ドコサヘキサエン酸が豊富に含まれているため、日本の赤ちゃんは世界の赤ちゃんに比べて、脳の成長によい質の高い母乳を飲んでいることになるでしょう。

赤ちゃんの脳は、生まれてから一歳までの間に、大人の脳の70%まで大きくなっていきます。大切母乳に豊富に含まれているアラキドン酸ですが、では母乳が出ない母親の場合、必然的に人工ミルクを赤ちゃんにあげなければなりません。人工ミルクにもドコサヘキサエン酸とアラキドン酸は含まれています。この時期は、母親は、しっかりアラキドン酸を含む食品を摂取することが大切です。

ページのトップへ戻る