「あれっ?」を食生活で改善できる?!

高齢者のボケ予防にアラキドン酸が効きます

アラキドン酸は高齢者のボケ予防に効果がある成分です。年齢を重ねるごとにアラキドン酸の摂取量は低下していく傾向があります。

その理由は、やはり食生活の低下によるものです。年齢を重ねると、食事の傾向も変わります。若い頃は肉類や卵類をよく食べていたのが、加齢とともに摂取量も減っていきます。運動量や一日の活動量が減っていくため、なんとなく食欲がなかったり、胃がもたれやすくなってしまうため、食事の質もだんだん落ちてきてしまうのです。

また、高齢になると食事を用意するのが面倒になってしまうため、簡単なものですませてしまう傾向があります。アラキドン酸は卵や魚類、肉類やレバーに含まれており、不足してしまうと認知症になってしまったり、物忘れや記憶力が衰えてしまいます。またやる気なども次第になくなってしまうため、鬱症状が出やすくなってしまうのです。

同じ高齢者でも、アラキドン酸が十分に摂取されていると、記憶力が良かったり人の名前をすぐに思い出すことができます。頭の回転も速いため、コミュニケーションもうまくいきます。また頭がしっかり働いていると、何らかの問題にぶつかっても、それを解決していく力があります。

必要な量のアラキドン酸が足りているか足りていないかだけで、これほど人生に差がついてしまうのです。アラキドン酸は若さを維持するために毎日必要な量を摂取し続けたい栄養成分です。食品から取り入れるのが難しい場合には、サプリメントで取るとよいでしょう。

ページのトップへ戻る